タバコと口臭|タバコを吸い続けている以上口臭は改善されない

タバコが口臭の一因となっているのは皆さんご存知だと思います。口臭の悩みを抱えている人は、タバコを止めない限り口臭を改善することが出来ないといわれています。今回は、タバコと口臭の関係を紹介するので、喫煙後にできる口臭対策を行ってみるようにしましょう。
火をつける前のタバコを嗅いでもそこまで臭いと感じることはありませんが、吸った後の口はなぜ臭いと感じるのでしょうか。火をつけたタバコから出る煙を臭っているからです。煙には、主にタールとニコチンの2つの成分が含まれている口臭にもこの2つの成分が大きく関係しています。
タールはヤニと呼ばれている成分で、これ自体が独特な臭いを発します。成分中にはベンツピレンやアミン類など多くの物質が含まれていて、喫煙後、タバコのフィルター部分に見える茶色のシミはタールによるもので、舌や歯、歯石、歯垢などにも付着するのです。
その結果、口内にもタールの臭いが残ってしまい、それが口臭の原因となっているといわれています。タールは口腔内だけでなく、肺や胃にも付着するので、口臭だけでなく、身体の健康にも害を及ぼしてしまうのです。
ニコチンは、タバコへの依存を引き起こしてしまう物質で、中枢神経系に作用します。喫煙することにより、肺から吸収されて全身に広がってしまうのですが、その際ニコチンによる作用として毛細血管の収縮や血圧上昇が引き起こされてしまうのです。口腔内においても、血液の循環機能が低下してしまい、唾液の分泌が抑制されてしまい、唾液の分泌が減って、口腔内の酸素濃度が低下してしまうことにより、活性化した嫌気性菌が歯垢などを分解してしまうので、悪臭を発生してしまうのです。
喫煙後の対策
・歯磨きを行うようにしましょう。香料が強いものは口臭と混ざってしまうことにより、悪臭と感じられてしまうことが多いので注意が必要になってきます。歯の表面だけでなく
、歯の間や歯茎など歯垢が溜まりやっすい部分を重点的に磨くように心がける必要があります。
・舌磨きをしましょう。舌に直接歯ブラシを当てたり歯磨きを塗ることにより、舌の表面を傷つけてしまうことがありますので、磨く際には、舌の表面を口腔用保湿ジェルなどを使って舌用のスポンジやガーゼを使って優しくふき取るような感じでケアすることが大切です。
・うがいや水分補給も重要になります。コーヒーや紅茶など、色素が強く歯に付着しやすいものや香りが強いものは避ける必要があります。うがいをする場合には、水かぬるま湯で行うようにしましょう。
実際に、タバコを吸った後のケアの自分なりに行っているという人もいますが、コーヒーなどでニオイをカバーしている人の方が多いようです。なるべく正しいケアを行うことにより、悩みを解消に導くことが出来ると思います。