薄毛に効く漢方!東洋医学と薄毛

薄毛に漢方が効果を期待する事が出来ると言われていますが、本当に漢方で薄毛を改善に導く事が出来るのかと疑わしい方も多いと思います。今回は、薄毛と漢方について詳しく紹介していきますので是非参考にしてみてください。

・血虚タイプは漢方では昔から髪の血の巡りと言われているように血が余るほどあれば髪の毛は生えてくると言われています。血液が不足している血虚タイプの人は、全身の血の巡りが悪く、頭皮に栄養が届きにくい状態で、髪の毛が抜けやすく、髪が生えにくい状態になってしまいます。漢方には細くなってしまった毛髪を太くして、抜けにくい毛髪へと改善する効果を期待できます。

・気虚タイプは心身に必要なエネルギーが不足した元気のない状態をいいます。特にストレス過多にあった場合、身体が疲れやすくなり、身体全体の血行障害が起きてしまったり、突然髪の毛が抜け始めるという人もいます。漢方にはストレスに対する対抗力をつける効果を期待する事が出来ます。

・腎虚タイプは加齢に伴う老化現象が起きている状態のことをいいます。髪の毛は古くから腎の華とも呼ばれていました。漢方で言う腎には成長や発育、生殖、内分泌を司るとともに、細胞に潤いを与える働きがあると言われています。この腎の生命力が弱まってしまう事により、髪のコシがなくなったり、抜け毛が増えてしまうと言われています。漢方には潤いを与えて、髪の成長を促す効果を期待する事が出来ます。

・頭皮改善については、頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまう事により、毛穴を塞いでしまったり、菌が増殖して炎症を起こしたり、フケが多く鳴ってしまいます。フケが多くなることで、頭皮の環境が悪化してしまい抜け毛や薄毛になりやすい頭皮になってしまうのです、漢方には皮脂の過剰分泌を抑制したり、頭皮の環境を改善する効果を期待する事が出来ます。

漢方薬を取り入れる場合には、効果を期待するための摂取方法としては、空腹時がお勧めできます。漢方薬の成分には、身体に吸収されにくなったり、吸収までに時間がかかったりします。食後に服用すると食事内容により効果が半減してしまう事もありますので食事の一時間前に飲むのがお勧めできます。

漢方は、東洋医学の考えに基づき、植物や鉱物など自然界に存在するものから薬効のある部分を組み合わせて作られている物です。漢方は西洋医学の薬とは違って、自然のものが原料となっています。そのために身体に優しく副作用が少ないのが大きなメリットとなっています。

その反面では、穏やかなな作用なので効果が表れるまでに少し時間がかかってしまいますが、長い目で見る必要があり、すぐに効果が出ない場合でも焦るのではなく、続けていく必要があります。実際に効果には即効性はありませんが、続けることにより効果を期待する事が出来て、体の中から整えることが可能となっていますので、長い目で続けて悩みを改善に導いていくようにしましょう。

何よりも漢方薬は3ヶ月程度続けることが大事ですが、体質改善などを目指す事が出来ますので、髪の毛の悩みだけでなく、様々な体調不調を改善に導いていく事が出来ます。薬とは違って副作用が少なく、摂取する事が出来るという点では、サプリなどを愛用するよりも漢方薬の摂取がおすすめ出来ます。

また、漢方薬を摂取しながら、自分が出来る事を取り入れることにより、改善も早く見込む事が出来ますし、健康を維持する上では、何より、規則正しい生活を送って行く事を意識して、食事面でもバランスの良い食事を心がけて、適度な運動を取り入れることをお勧めします。

https://xn--lckk0j1b0bcc0c.xyz/