アソコのニオイと性病|こんな臭いは病気の隠れサイン

女性の場合には、あそこが臭いと感じた場合には、性病などに感染している可能性があると言われています。女性の性病の中には、独特のにおいや強いにおいを発するものがあり、性病に感染している事で、臭いを伴う場合もあります。今回は、あそこの臭いと性病の関係について紹介していきます。

一般的に健康な人は、おりものが出ても透明か白濁していて、少し甘酸っぱいにおいがあります。しかし、おりものに血が混じっていたり、生臭いにおいがする場合やかゆみを伴う場合には、様々な病気に感染している可能性があります。

・膣カンジダ症です。酒かす状のカッテージチーズ状のボロボロとした白いおりものが増えて、外陰部や膣内に激しいかゆみが現れる場合には、真菌であるカンジダ・アルビカンスが膣内で増殖している可能性があります。

カンジダ自体は健康な人の皮膚や粘膜に存在しているのですが、普段は害を及ぼす事はありません。しかし、ストレスや病気、無理なダイエットなどにより、体の抵抗力が弱まってしまう事により、増殖してしまって発症してしまう事があります。

治療には抗真菌薬を使用していきます。一度治療しても体の抵抗力が低下する事により、何度も再発するので、十分な睡眠と栄養を摂るようにして、日常の生活を規則正しく過ごしていく事が大切になっています。再発の場合には、薬局などで治療薬を購入する事が出来ます。

・トリコモナス膣炎です。泡が混じった黄色や緑色の生臭いおりものがあり、外陰部に強いかゆみ、ただれがある場合、膣内にトリコモナス原虫が寄生して発症すると言われています。感染経路は、大半がセックスと言われていますので、検査や治療はパートナーを一緒に行う必要があり、何度も感染を繰り返します。治療には抗菌薬を使用して治していきます。

・細菌性膣炎です。黄色っぽい海のようなものがずっと続いて、鼻につくような腐敗臭がして、膣部のかゆみはあまりありませんが、赤く腫れたり、ただれたりする場合があります。原因となっている菌は、大腸菌やブドウ球菌など膣の周囲に一般的に存在するものですが、体調が悪くなるなどして、膣内の自浄作用が損なわれた場合にこれらの菌が炎症を起こします。

治療や検査では原因菌を特定したうえで、それにあった抗生物質が処方されるようになっていますが、細菌性膣炎はほかの炎症や性病に比べると治りやすいといわれていますが、再発しやすいという一面があります。生理中にタンポンを使っている人や膣内にのこったコンドームで膣が傷ついてしまうことで細菌が増殖した場合でも同じ症状が現れる事があります。

・淋菌です。緑色のおりものがみられて、強いかゆみを伴います。また臭いも臭くなって下腹の痛みなどを伴う場合もあります。性交渉で観戦する事が多く、放っておくことで体内で広がってしまい、他の病気に発展してしまう病気なのできちんと治療する事が必要で、感染した状態で出産する事により、母子感染してしまい、喉に感染する場合もあると言われています。

実際にこのようにあそこの臭いが気になっているという人は性病に感染している可能性もありますので、何より早めに検査を行う必要があります。自宅でも検査ができます→性病検査自宅

婦人科に受診するのが嫌だと感じている人も多いと思いますが、最近では、性病検査キットで自宅で検査して結果を知ることが出来るようになっていますので、是非一度は検査を行うようにしましょう。

更にあそこの異変において、子宮頚管ポリープなどが出来ている場合もあり、血が混じっているおりものなどが出ている場合には、特に気をつける必要があり、治療が必要となってきます。

最近では、子宮がんや子宮頸がんなども多くなっていますので、自分で判断して、恥ずかしいなどというような気持ちではなく、早めに検査する事により、治療が可能となっていますので、何よりも自分に合った方法で検査を行うようにしましょう。

実際に、ある程度の年齢になれば、子宮がん検診などといって婦人科に受診するのも抵抗はありませんが、若い人からすれば、妊娠していないのに婦人科に行くのも恥ずかしいし、子供が出来ているわけではないからと考えてしまう気持ちも理解する事が出来ますが、今の若い世代では、性病が流行しているといわれています。

性行為を行う場合には、きちんとコンドームなどを使って性病に感染しないようにきちんと自分で気をつける必要がありますし、性病に一度感染すると再発をしてしまうような性病も多いので、注意が必要になってきます。

女性は、子供を産む事が出来ますが、実際に性病に感染している場合には、子供への影響もありますので、重要になってくるのでは、きちんと治療を行っておく必要があるという事です。