歯周病が脳梗塞を引き起こす!あまり知られていないが怖い歯周病

歯周病が全身に及ぼす影響ですが、皆さんはご存知ですか。今回はどんな病気を引き起こしてしまうのか紹介するので参考にしてみるようにしましょう。
■狭心症・心筋梗塞
動脈硬化になり心筋に血液を送る血管が狭くなってしまったり、ふさがってしまうことにより心筋に血液供給がなくなってしまい死に至ってしまうことがある病気でもあります。動脈硬化は、不適切な食生活や運動不足、ストレスなどの生活習慣が要因となっているのですが、別の因子となっている歯周病原因菌などの細菌感染がクローズアップされてきているのです。歯周病原因菌などの刺激により動脈硬化を誘導する物質が出て血管内にプラークが出来て、血液の通り道が細くなってしまうのです。プラークが剥がれて血の塊が出てしまうことにより、その場で血管が詰まったり、ほかの狭い部分で詰まってしまうこともあります。
■脳梗塞
脳の血管のプラークが詰まったり、頸動脈や心臓から血の塊やプラークが飛んできて脳血管が詰まってしまう病気となっています。歯周病の人はそうでない人の2.8倍脳梗塞になりやっすいといわれているのです。血圧やコレステロール、中性脂肪が高めの人は、動脈疾患予防にも歯周病の予防はもちろんですが、早めの治療を行うことが大切になってきます。
■糖尿病
実際に、歯周病は糖尿病の合併症の一つになっていますが、逆に歯周病になると糖尿病も悪化してしまうことが分かっています。
実際に、歯周病と言っても、様々な病気を引き起こしてしまう原因となってしまいますので、何よりも健康的な口腔内を維持していくことが重要になってきます。身体だけきちんと管理している人も多いと思いますが、これからは口腔内のケアも念入りに正しい方法でケアを行っていく必要があります。

タバコと口臭|タバコを吸い続けている以上口臭は改善されない

タバコが口臭の一因となっているのは皆さんご存知だと思います。口臭の悩みを抱えている人は、タバコを止めない限り口臭を改善することが出来ないといわれています。今回は、タバコと口臭の関係を紹介するので、喫煙後にできる口臭対策を行ってみるようにしましょう。
火をつける前のタバコを嗅いでもそこまで臭いと感じることはありませんが、吸った後の口はなぜ臭いと感じるのでしょうか。火をつけたタバコから出る煙を臭っているからです。煙には、主にタールとニコチンの2つの成分が含まれている口臭にもこの2つの成分が大きく関係しています。
タールはヤニと呼ばれている成分で、これ自体が独特な臭いを発します。成分中にはベンツピレンやアミン類など多くの物質が含まれていて、喫煙後、タバコのフィルター部分に見える茶色のシミはタールによるもので、舌や歯、歯石、歯垢などにも付着するのです。
その結果、口内にもタールの臭いが残ってしまい、それが口臭の原因となっているといわれています。タールは口腔内だけでなく、肺や胃にも付着するので、口臭だけでなく、身体の健康にも害を及ぼしてしまうのです。
ニコチンは、タバコへの依存を引き起こしてしまう物質で、中枢神経系に作用します。喫煙することにより、肺から吸収されて全身に広がってしまうのですが、その際ニコチンによる作用として毛細血管の収縮や血圧上昇が引き起こされてしまうのです。口腔内においても、血液の循環機能が低下してしまい、唾液の分泌が抑制されてしまい、唾液の分泌が減って、口腔内の酸素濃度が低下してしまうことにより、活性化した嫌気性菌が歯垢などを分解してしまうので、悪臭を発生してしまうのです。
喫煙後の対策
・歯磨きを行うようにしましょう。香料が強いものは口臭と混ざってしまうことにより、悪臭と感じられてしまうことが多いので注意が必要になってきます。歯の表面だけでなく
、歯の間や歯茎など歯垢が溜まりやっすい部分を重点的に磨くように心がける必要があります。
・舌磨きをしましょう。舌に直接歯ブラシを当てたり歯磨きを塗ることにより、舌の表面を傷つけてしまうことがありますので、磨く際には、舌の表面を口腔用保湿ジェルなどを使って舌用のスポンジやガーゼを使って優しくふき取るような感じでケアすることが大切です。
・うがいや水分補給も重要になります。コーヒーや紅茶など、色素が強く歯に付着しやすいものや香りが強いものは避ける必要があります。うがいをする場合には、水かぬるま湯で行うようにしましょう。
実際に、タバコを吸った後のケアの自分なりに行っているという人もいますが、コーヒーなどでニオイをカバーしている人の方が多いようです。なるべく正しいケアを行うことにより、悩みを解消に導くことが出来ると思います。

悩めるメンズにオススメのサイト・・・ゼファルリン